AWSで多いニーズの一つに、DR(Disaster Recovery)が上げられる。

2011年の東日本大震災以降、日本国内でのDRに対する注目度はあがり、
「普段費用は掛けたくないけど、いざというときの対策はしておきたい」という
ニーズにAWSでは答えている。

参考のスライドは下記に。





とはいうものの、AWSはコンセプトは理解できても構築にはノウハウが必要なのが現実。

宣伝になってしまって申し訳ないですが、DR構築の際にはぜひサニークラウドを!

http://www.ids.co.jp/cloud/