GartnerによるIaaSの分析レポートが発表されています。
相変わらず、AWSは圧倒的なリーダーポジションにいるのですが、
強み弱みがまとめられていましたので、簡単にまとめておきます。

251789_1
(出展:http://www.gartner.com/technology/reprints.do?id=1-1IMDMZ5&ct=130819&st=sb

強み
1. リーダー企業であり、かつ、市場動向に俊敏に動き、価格も安いこと。
     
2. マーケットプレースを持っており、パートナーソリューションが提供されていること。

3. 多様な顧客基盤と、事例があること。ミッションクリティカルなサービス、
   セキュリティが求められるサービスにも対応可能であること

4. 複数の地域にデータセンターが利用できることで、高可用性が実現できること。


□弱み
1. 価格のリーダーではあるが、サービスが複雑でありコストのモデル化が困難であること

2. 物理コアとは異なり、どのインスタンスが適切かを選ぶのが難しいこと。

3. サポートレベルが顧客企業との関係や取引規模に依存しないこと。

4. 急成長に伴い、営業やコンサルタントが十分にサポート出来ない可能性があること。


ということで、強みに関しては納得、弱みに関しては当社のようなパートナー企業をうまく使う必要があるのでしょうね。他社の強み弱みはまた次回にアップしていきたいと思います。