Tech Targetにて、62ものIaaSサービスの比較表が公開されていたので
共有する。

http://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/1305/28/news02.html

ハイブリッドクラウドカテゴリでトップを走るAmazon.comの「Amazon Web Services」(AWS)やMicrosoftの「Windows Azure」にとって、IaaSとしてのガバナンス成熟度や定義満足度はもはや問題ではない。これらの先頭ランナーたちは「IaaSを利用して構築するプラットフォームの機能拡充」と「クラウドサービスを利用したICTライフサイクルマネジメントの高度化」に戦場を移してしまっている。


自社の利用目的に合致したIaaSを選択するのが当然ではあるが、
今のところAWSが一歩リードと言った感じか。

ただし、AWSはシステム面での安心感は高いものの、
画面が英語だったりと、日本ユーザにとってはハードルが
残っているのも現実だ。
(クレジットカード決済しかり、ドル決済しかり・・・)

今後、パートナーが様々なサービスを提供してくると思われるので、
その一例として、請求代行のまとめを参考までに掲載しておく。
http://matome.naver.jp/odai/2137584929920930301