ソニーとパナソニックが有機ELパネルの共同開発で合意したようだ。


ソニーとパナソニックは、テレビと大型ディスプレー向けの次世代有機ELパネルの共同開発で合意したと正式に発表した。印刷をベースとした次世代の有機EL技術について両者で開発していく。

 共同開発については現時点で新組織や子会社を立ち上げる予定はなく、まずは技術を見せ合うところからスタートする。

 ソニーは、蒸着と印刷を組み合わせたハイブリッド有機EL素子のデバイスおよびその製造技術や、有機EL駆動式のTFT(酸化物TFTやフレキシブル有機TFTなど)の開発成果を学会で発表している。

 一方、パナソニックは、オール印刷方式による大画面・高精細有機ELパネルの技術開発で先行しており、またフレキシブル有機ELディスプレーの研究開発にも取り組んでいる。

 このように両社それぞれが有する技術を持ち寄ることで開発効率を高め、2013年内の量産技術の確立を目指すという。なお、あくまで量産技術(インフラなど)の確立が2013年とのことで、実際の製品化はそれ以降になる予定だ。


両社の提携にはさまざまな狙いがあるものと考えられるが、「開発効率を高める」「量産技術の確立」との記述もあり、まだまだ2社とも市場投入できるような状態に無いことが浮き彫りになっているようだ。

これまでの両社のテレビに関する戦略は、失敗の連続だ。パナソニックは世界が液晶に傾く中でもプラズマディスプレイに固執し、大型の設備投資を行ったにもかかわらず2年で工場撤退に追い込まれた。自社が持つ技術に固執し、転換ができないままに続けてしまったなかで、遅すぎた決断ともいえよう。ソニーに関しては、すでに「ただ組み立てるだけ」になっていたテレビに対して、技術力で対応しようとしたのが間違いだったのだろう。韓国や台湾メーカーが半分以下のコストで同程度の品質のテレビを製造できるようになってしまっているにもかかわらず、ちょっとだけ良い品質(宣伝では相当いいということにしているのだろうが)を追い求めてしまっている。
そもそも消費者側が「ブランド名」以外では区別がつかない商品になってしまっていることは、数年前からのシャープのマーケティング手法(工場名を利用したブランディング)からも明らかであったが、これ以上の品質は必要ない、という段階で品質を追い求めてしまったのだと思う。
彼らがとるべきだったのは、アナログ放送終了を見越して、単一モデルで低価格な普及品を出すことだったのだろう。決して、3Dテレビのようなものを作ることではなかった。

で、今回の有機ELパネルの製造に立ち返ると、テレビの製造ではもはや両社ともに生き残っていけないのは明らかで、「印刷をベースとした次世代の有機EL技術」と書かれているように、「高い技術を圧倒的な低コスト」で実現しようとしているのだろう。応用範囲を広げ、あらゆるデバイス(いまだ白黒のモニターになっている家電製品は意外に多い)にディスプレイをつけようとしているのかもしれない。ただでさえサイネージ等の登場でディスプレイ疲れしているところなのだが、さらにディスプレイが増えていく流れは止められないのだろう。

しかし、ディスプレイは単なるディスプレイでしかない。そこに映し出すコンテンツが魅力的でない限り、どんなディスプレイだろうと意味がない。特にパナソニックは、これまでコンテンツ事業では成功したためしがないだろう。スマホで電子レンジや操作したり、炊飯器を予約できるとか、そういうのは必要ないんじゃないかと思う。(これはパナソニックじゃなかったと思うが。) GREEやDeNAのような暇つぶしコンテンツをやるために高品質なディスプレイは必要ないだろうし、本気でコンテンツ側も考えていかないと、この提携も失敗に(提携しなくても失敗に)終わるだろう。


統合の効果は2015年ころから出てくるのだろうか。それまでも革新的な商品を出し続けなければならない両社は苦しい状況にあるが、個人的には日本からまた新たなイノベーションを起こしてほしい。これまでと同じことが薄く安くできるようになりました、とかではなく、ライフスタイルを変えるようなイノベーションを心待ちにしている。