実に200個の新機能がリリースされてというiOS5。

秋にリリースされるというのにもう今頃発表するもんだから、
多くの開発者、あるいは、導入検討者が困惑しているだろう。

200の新機能、というが、それが実態として使えるのかどうかは
出てみるまで分からない。そう分からないのだ。

開発SDKは既に公開したようだ。実機(実OS?)が無いのに、
どうやってテストすんねん、って思いつつ、1ユーザとしては、
便利になることを今は祈ろう。


ところで、Appleは開発ロードマップをこうやって数ヶ月前に発表するが、
これはIT企業の中ではかなり独特な気がする。

数ヶ月あっても、競合には真似をされない、という余裕の現れなのか、
もしくは、余裕が無いがために期待を持たせて他社製品を買い控え
させる絶妙な広告戦略なのか。 

真相は分からないが、いずれにしても、何か製品を購入して其の次の日に
後継品が出てしまう、というショックな自体は避けられるという点からは
ユーザ目線。
企業としても、予約数などが分かれば、製造コストは最適化できるだろう。

そのうち、発表合戦が加速し、数年後に発売! とか、開発に一定の目処を
つけた! とか、どうすりゃいいのか分からないのが乱立してきそう。

なんか踊らされているなぁ。。。